山梨遠征を経験して…VS西方へ

金曜日の夜からの山梨遠征で曜日感覚が分からなくなってしまいました。
帰宅後、仕事のこと思い出し現実に引き戻されてしまいました監督ですふらふら

蘆田家のお父さんをはじめ、遠征の引率に参加してくれたお母さん方!
石橋に残ったメンバーの練習を見てくれた浩コーチ!
大事な子供たちを遠征に参加させてくれたご父兄の皆様!
ご協力本当にありがとうございましたわーい(嬉しい顔)


皆さんのおかげで、とても有意義な遠征になりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

当初僕は、県内で勝てないのに何が県外遠征だ!とかって思っていたのですが(^^;)
実際に行ってみて、他県のバスケットを目で見て、対戦させていただいて、遠征もありだなと今までの考え方を改めさせられました。
僕自身のミニバス指導暦が浅いので、小学生は何処まで出来るのか?何処まで求めていいのか?という事は分からなかったので、他県のレベルが高い選手たちを見て、僕自身の貴重な経験になりました。

今回のチャンスを与えてくれた選手や下都賀ミニ連の皆さんに感謝感謝ですねるんるん


山梨での試合結果は3勝3敗でした。まぁまぁかな?

東京、群馬、千葉、埼玉、山梨のチームと対戦しました。
楽に勝てた試合は1試合。
実力で勝ちきった2試合。
勝たなきゃいけなかった1試合。
格上へのチャレンジだった2試合。

この2日間6試合の中で、参加した全員がステップアップできるチャンスを掴んだのではないでしょうか?あとは自分次第!この経験を生かすも殺すも自分次第!

勝てる試合を負けてしまったという失敗もありました。負けた試合の中で掴んだ成長もありました。
短期間で6試合を戦ったので、失敗を取り返すチャンスが直ぐにあったという事が一番良かったですね!そして様々なレベルと試合が出来たことで、自分たちの強み、課題、成長に気がつき、今後自信を持ってプレーしてくれる様になったら今回の遠征は成功だったと思いますexclamation×2


ただ、忘れちゃうんですよね(汗)こいつ等は(^^;; 


今回、改めて感じたことは考えてプレーする事の重要性です。

相手が強ければ強いほど、相手選手との駆引きが重要になってきます。
相手選手を観察し、相手選手の隙を見つけ、相手選手の裏をかく!

まさに考えるバスケットバスケットボール 僕が選手たちに一番伝えたいことですひらめき

上手い子達はまず自分で考えて行動をしている、プレーしている。
誰に言われたからではなくて、自分で考えてプレーしている。

そして、これは私生活のなかでも共通することだと思うあせあせ(飛び散る汗)

ボールが来てから気がついても遅すぎる。
抜かれてから必死になっても遅すぎる。
走れと言われて走っても遅すぎる。
何かが起きてから気がついたのでは遅すぎる。

シュートが入らないのは仕方がない。
でも、ボールがくるかも知れない。
ヘルプが必要かも知れない。
という事ぐらいは最低限準備をしていてくれないと通用しない。

帰りのバスで選手たちに話しました。
怒られるのは期待されているからだよ。
今後、どんな人の下で指導を受けても同じだよ。

『自分の役割はなんなのか?』
監督に、先生に、上司に、何を期待されているのか?求められているのか?
そこは言われなくても自分で考えなければダメむかっ(怒り)
『チームに貢献できることはなんなのか?』
そこが考えられなければ人の指示でしか動けない存在になってしまうと思う。

この原因はご家庭での向き合い方もあると思います。
子供たちに「ああしたら?」「こうしなさい」と言いすぎていませんか?

ある本に「ヘルプ」と「サポート」は違うと書いてありました。
手を貸し過ぎてしまうのが「ヘルプ」、子供の行動や考えを見守るのが「サポート」。

私たち親が答えを与え過ぎると、「ヘルプ」し過ぎると子供は考えなくなってしまいます。
子供が何かつまずいた時、悩んだ時には、まず本人がどうしたいのか?をまず聞いてあげて下さい!

簡単に手助けをし過ぎるから、子供たちが考えられなくなるんじゃないかなと思います。
生意気言ってすみません。

そんなこと聞いてくるなよ!もっと自分で考えろ!
コートの中でもそんな場面が多すぎるんです。

考える材料はた〜くさん与えて来たはずだよ?
自分の判断で行動する責任感を持って欲しいと期待しています。

そんな選手になるしかないパンチ

そこにたどり着かないと勝ち残ってはいけないよ雷





PS.
1月の全国予選の組合せも決まりました。
抽選に言ってくれたご父兄の方々ありがとうございました!
今回の遠征で掴んだ何かを選手たちが発揮してくれたら乗り越えてくれると信じています!


6年生もあと1ヵ月温かく見守ってくださいend
by Hedgehogs Jr. at 2013/12/09/ 21:37 | Comment(3) | 監督コラム

新生ヘッジ

なんか仕事中に左腰がズキッとしていたんです。
そしたら夜になって今度は左肩が痛いどんっ(衝撃)

マジやばいっすあせあせ(飛び散る汗)

四十肩かもたらーっ(汗)な監督ですもうやだ〜(悲しい顔)


今年度3回目の茨城合宿、ご協力いただきましたご父兄の皆様ありがとうございましたexclamation

本当に楽しく、実りのある時間を過ごさせて頂けたことに感謝致します。



今回初めて参加した2年生でしたが、思っていた以上に早くチームに溶け込んでいたので安心して全体の指導をする事ができました。面倒を見てくれた上級生のみんなありがとうるんるん


この2年生3人はそれぞれにキラリぴかぴか(新しい)と光る一面を感じさせてくれて、将来が本当に楽しみですね!

そして今までは一番下だった3年生も後輩が出来るとこうもたくましくなるんですね!正直、驚きました。

そして6年生のせいで試合経験をさせてもらえなかった4年生、今回の合宿で彼らのやる気を肌で感じることが出来ました。


新チームでの僕の最初の役目は彼らのやる気スイッチを押す事から始まりますひらめき
今回の合宿中に涙を流している子供達がいましたが、涙を流すということは感情が揺れ動いているという事、その感情が揺れ動く瞬間がスイッチを押すチャンスだったりしますわーい(嬉しい顔) これから益々チーム内での競争が始まりますが、彼らのそのスイッチを見逃さないように子供達と向き合って行きたいと思いますバスケットボール


新チームの感想は、結構出来るじゃんるんるん


まぁ、まだまだですが、意外に出来るww

今までは6年生ばかりを見ていたので4年生以下の子達の成長に今回は少し驚かされました。


ヘッジの黄金世代、実はまだまだ先にあったみたいですねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



追伸
今日、下都賀地区の選抜選手選考会がありました。

ヘッジからはカケ・ヨシ・フウマの3人にチームの代表として参加してもらいましたが、残念ながらヨシが落選という形になってしまいました。僕個人としては、この3人は何処に行ってもレギュラーで活躍できるだろうと思っている自慢の3人です。正直、他の選ばれた選手よりもヨシが劣っているなんて思わないし、チームの代表に僕が推薦しなかった選手達も選ばれた選手に劣っているとは思わない。



ただ現時点では、

選んだ人の基準では、

他の選考選手達とのバランスで、ヨシが落選になってしまいました。


僕自身はセレクションに参加させる事さえ悩んでいたのですが、何事も経験であるというアドバイスも頂いたので、3人に参加してもらいました。

3人のうちヨシ1人だけが落選という形をつくってしまた事に申し訳なく思っています。

ただ、選抜の選手に選ばれたから凄いわけではないし、選ばれなかった選手が劣っているわけではないという事は理解していて欲しいと思います。

これからも選抜という話が度々あるかと思いますが、僕自身はそこを目標にする必要はないと思っています。

指導者によって考え方は違うし、目指すスタイルも違う、当然選考の基準も違う。そこを目標にするよりも、ヘッジのスタイルの中で多くを学んで欲しいと思います。当然、僕もその責任感も持って指導していくつもりです。

今回選ばれなかったヨシ、今回選んであげられなかったみんな、ごめんなさい。

でも、チームの代表して選ばれたカケとフウをみんなで温かく応援してあげてください揺れるハート





新生NEWヘッジも温かく見守ってくださいend




by Hedgehogs Jr. at 2013/11/27/ 00:44 | Comment(0) | 監督コラム

『井の中の蛙』(^^;;

リベンジむかっ(怒り)

倍返しパンチ

、、、のはずが完全に力負けしてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

高い壁に再び跳ね返されてしまい選手以上に傷心しきってしまいました監督です。


先日の県大会、遠くまで応援に来ていただいたご父兄の皆様、引率にご協力してくださったご父兄の皆様ありがとうございました。

選手のみんなと一緒に精一杯やってきたつもりでしたが、力が及ばず完敗してしまいました。

僕の力不足、経験不足ですねたらーっ(汗)

選手はもっと出来る力を持っているのに、それを引き出してあげることが出来ませんでした。本当に残念ですし悔しいです。そして本当に申し訳なく思います。


秋季大会の結果がいい意味で自信になった部分もあったと思います。でも逆に心の隙を作っていたかもしれません。大会前の練習中にそれを感じる雰囲気があったし、何より私自身がチームの力を過信しすぎていたように感じています。県大会を前にもっと多くのチームと練習試合をしなければならなかったのかもしれません。

下都賀以外を知らないから、まさに『井の中の蛙』。スピリッツや西方も初戦で負ける。これが県大会。県大会のレベルは違うんだなという実感です。本当はまだまだ弱いのに僕自身が過信したままこの大会に入ってしまっていました。


その証拠にもう1試合目からおかしかった。それも言わないとダメなの?そんな連続でした。その悪い状況が解消されないままに2試合目も終わってしまった。そんな印象です。

でも選手たちは一生懸命に戦ってくれたと思います。でも力が及ばなかった。

夏季大会の後からこの県大会に向けて組織的な部分に力を入れて練習してきました。今までやってこなかったことに力を入れて、強いチームと戦って勝つためにというテーマを持って、連動性や勝つ為の戦術の指導をしてきました。でもそんなことは通用しなかった。組織どうこう言う前に個人の力が足りなかった。

宝木は同じようなタイプのチームです。能力は互角だと思います。でもプレーの正確性では負けていました。トップスピードの中での状況判断やプレーの正確性、ボールへの執着心、絶対に負けたくないという気持ちで負けていましたふらふら

そして特にリバウンド。『ゴール下を制するものがゲームを制す!』


バスケットは1個しかないボールを相手から奪ってより多くゴールに決めたほうが勝ち!
ボールを保持するチャンスは平等に与えられるので、相手が保持しているボールをゴールに入れさせないようにしてどこで奪うか?

どこで奪ってどうやってゴールに決めるのか?これだけです!

ボールを奪えるチャンスは
1)ドリブルをカットする
2)パスをカットする
3)シュートをカットする
4)シュートミスしたボールを取る
5)相手のミスを誘う・待つ
この中で一番高確率で起こるのが4)のシュートミス。
これは悪いミスではなくて、むしろ確実に起こるはずのミス。だからオフェンス・ディフェンス両方でシュートをミスしたリバウンドを確実にマイボールに出来れば相手に得点を与えずに自分たちの得点が増えていく。

漫画スラムダンクバスケットボールの中にも出てきます『ゴール下を制するものがゲームを制す!』
そういう意味で、相手に多くのチャンスを与え過ぎてしまい、ゲームを制されてしまったという事だと思います。


常にいい結果が出続けたほうが幸福なのかもしれません。

でも一番の目的は子供たちが成長していく事なので、そのために必要な失敗だったと思えるように!

僕自身が自分をチームを見つめ直して、またゼロからやり直していきたいと思います。


6年生とはあと1度だけ、やり返すチャンスが残っていますが、6年生の今後のためにも次の世代の選手達のためにも、基本に立ち返って足元からもう一度やり直して行きたいと思っています。


これからも温かく見守ってください失恋
by Hedgehogs Jr. at 2013/11/12/ 03:28 | Comment(10) | 監督コラム

さぁ〜、どこまで登れるか!?

台風一過の秋晴れがとても心地いいですね晴れ


26日(土)の県大会抽選会で組み合わせが決まりました。
チーム代表として抽選会に行ってきてくれた田中家の皆さんありがとうございましたるんるん


理想通りの組み合わせで、とても興奮気味の監督ですグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

決して楽な組み合わせではありませんが、チームの成長を実現するという意味ではもってこいの組み合わせになりました。

順番に強いチームとの対戦が予想されます。

しかも以前に負けた相手が次から次に、、、あせあせ(飛び散る汗)

今回のチャレンジは登山みたいなものかなと思っています。
3合目(宝木)→5合目(西方)→8合目(清原)→登頂成功(決勝)

前回の秋季大会からまだ間もないのですが、子供たちは確実に成長しています。
選手一人ひとりが、現状の把握、課題克服を考え一生懸命練習に励んでいます。
急激に強くなったりしませんが、春のスポ少大会の時からどんな成長曲線を描いているのか?
その確認ができる最高の相手が続いていきます。


でも、今回の大会で頂上に立てなくてもいいんです。


自分たちが頑張ってきた証を実感できたら最高に嬉しいと思いますexclamation×2


昨日、石橋中バスケ部の練習に6年生数人を連れて参加してきました。
顧問の米山先生とも話をさせていただき、小学生3年間と中学3年間との一貫指導について前向きな意見交換をすることも出来ました。

今のミニバスケットは今後の選手生活のための土台作りだと考えています。
中学生、高校生になってからの方がバスケは絶対楽しいと思います。
その為に、今できることを、大切なことを、心・技・体バランスよく育んでいきたいと思っています。

今、頂点に立って満足してしまうより、強い相手に向かっていく強い気持ちを育てていきたいと思っていますパンチ


HEDGEHOGSだからexclamation×2


見た目は小さいネズミだけど、ナメて掛かると痛い目にあいますよどんっ(衝撃)


これからも温かく見守ってくださいm(_ _)m


by Hedgehogs Jr. at 2013/10/28/ 12:39 | Comment(2) | 監督コラム

成長し続けるという目標へ

下都賀地区秋季大会第2位おめでとうぴかぴか(新しい)

本当は勝ちたかったけど、負けたほうが良いこともあるexclamation

本当に悔しいけど、現時点ではまだ優勝する力が足りなかったということダッシュ(走り出すさま)

でも、確実に成長している。しかも凄いスピードで成長しているグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

他のどのチームより、バスケの内容は美しかったし、カッコよかったわーい(嬉しい顔)

次の課題は明確になったので、次こそは小山も西方も両方乗り越えるパンチ



昨日は少々叫びすぎてしまい、朝から声が出ない監督です。

選手の皆さん、ご父兄の皆さん、ヘッジを応援してくださった全ての皆様、ありがとうございましたハートたち(複数ハート)

沢山の応援のおかげで、ヘッジの子達は決勝戦という素晴らしい舞台で試合をさせて頂くことができましたわーい(嬉しい顔) 今大会の目標を果たせなかった点で悔いは残りますが、選手・スタッフ全員が一丸となって戦えたことが何よりも嬉しかったですしるんるん、選手たちの成長を実感することが出来たので
心から『準優勝おめでとうぴかぴか(新しい)』と褒めてあげたいと思いますexclamation×2




昨日の決勝戦、監督はとても嬉しかったことが2つあります。
1つはもちろん選手たちの成長です。
もう1つは、壬生の子達や、裕里やさやかがお母さん達と一緒に石橋から応援に来てくれていたことexclamation

宇梶コーチが言っていました。
こんな仲間がいて、こんなに応援してもらって、こんな環境でバスケがやれて羨ましいってー(長音記号2)

僕も同感です!
だから選手たちにもこの仲間に、ご両親に、応援してくれた全ての方に感謝して欲しいなって思います。

今回も宿敵に敗れてしまいましたが、更なるステップへのエネルギーに変えて今後も精進していきます。

翔が『やりきったから悔いはない』と言ってました。
試合に勝つことよりも、この気持ちになれる事の方が重要だと私は思います。
そして、毎回この気持ちになれるように努力し続けていくことです。

別にスピリッツに小学生で勝てなくてもいいんです。
中学校や高校や、社会人になった時に乗り越えていたら良いんです!

みんな一人ひとり成長のスピードは違うので、いつか乗り越えてやると思って努力し続けていくこと!

それが一番大切なことひらめき


試合の反省は出来ました!
相手の弱点をつく事が徹底できなかったバッド(下向き矢印)そこが一番の敗因だと思っています。
次への課題は見えています!今度は僕の一番の得意分野を教えていけるタイミングになりました。

今後も、県大会、合宿、山梨遠征と行事が続いていきます。
もっともっと成長していくチャンスがあるということですねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


今回の大会で改めて思いました。本当に上手くなった!強くなった!楽しくなった!わーい(嬉しい顔)


益々頑張っていけそうですexclamation

子供たちよ・・・ありがとうキスマーク


今後も温かく見守ってください眠い(睡眠)


by Hedgehogs Jr. at 2013/10/16/ 00:35 | Comment(2) | 監督コラム