夏本番!に向けて思うこと…

この夏の目標、下都賀郡の夏季大会が8/25からに決まりました!


私は、今まである大会を目標に準備をしてきた事がありません。

『小学生は勝たなくても良いんじゃない?』って思っていたからです。

いや、勝てないから言い訳していたのかな?

今でもそこら辺に関する葛藤はあります。

でも今までみたいに負け続けるのも嫌ですよね…。
これって私のエゴかもしれませんが(^^;;


2週間後の7/1から小山市協会の夏季大会が始まります。それを機に7/1から8/25の夏季大会本番まで練習試合やカップ戦が毎週のように予定されています。僕自身、このスケジュールを組むのにかなり迷いました。私が引率できない日もあります。それに練習試合ばかり組む事に疑問があったからです。試合をして足りなかった部分を練習して、また試合に臨むするというサイクルが出来ないからです。

チームとして試合慣れが必要な時期に来ているのは多分事実です。でも、試合に向けての準備が不足しているのもまた事実です。試合中に教えていない事を子供たちに要求しなきゃいけない事が分かっているから嫌なんです。

ただ今回は茨城合宿で子供たちと約束した『下都賀秋季大会でベスト8になろう』を達成するために私の個人的な拘りを捨てて、試合経験をつんでいく方向で日程を組むことにしてみました。

毎週のように試合をこなすという日程を経験もしていない時点で、否定ばかりしているのもまた無責任なのかなと思ったことも事実です。私自身も監督2年生、カッコつけて理想ばかり語るより、まずはやってみるか!!それからまた考えてみようと思った次第です。

週末毎に続く試合によって、ご父兄の皆様にもご協力をお願いしなければいけないかと思います。

私自身もどこまで子供たちの気持ちをコントロールしながら試合をこなしていけるか分かりませんが、新チームとなり、ほとんど試合に出たことがない選手、試合を見たこともない選手がいるので、レギュラーメンバー中心の戦い方だけではなく、チーム全体の底上げが出来るように工夫をしながら試合経験を積んで行きたいと思います。

Hedgehogsがチームとしての新しいステップに挑戦して行きます。

秋には、さらに来春にはもっともっと逞しい選手に、チームに育っていけるように全力でチャレンジして行く所存です!


暖かく見守って頂けると嬉しいです。 これからもよろしくお願い致しますm(._.)m



by Hedgehogs Jr. at 2012/06/20/ 22:05 | Comment(0) | 監督コラム

茨城合宿に行ってきました♪

楽しかったです♪

コーチ陣を信頼して、大切な子供たちを預けてくださったご父兄の皆様
有難うございました。

素晴らしい施設で、素晴らしい仲間と、素晴らしい時間を共有出来たことを
本当にうれしく思います。


初めての合宿で反省しなきゃ行けない点も少し有りましたが、協力してくれたコーチ陣、二日目のバーベキューのお手伝いをして頂いたご父兄の方々、自宅で無事を祈って待っていてくれた方々、皆さんのおかげで楽しい時間を過ごす事が出来ました。

本当に有難うございました。


まだまだ教えたいことも沢山ありますが、子供たちは確実に成長していると思います。

彼らなりに、僕の気持ちをしっかり受け止めて、高いモチベーションを持って練習に取り組んでくれています。優しい子達が多いので、まだまだケツを叩く必要がありますが、前回の大会以後、心身ともに凄く成長したなと感じています。

機会があったら、体育館を全力で走り回っている子供たちを見てあげてください。

本当に良く頑張っています^^


まだまだ経験不足、実践不足な部分は否めませんが、試合で活躍する姿が見られる日も近いと思います。

次回は7/15〜16で、茨城県のチームと練習試合を計画しての合宿を準備中です。

決まり次第ご報告しますので、次回もご協力お願いします!!!

by Hedgehogs Jr. at 2012/05/15/ 01:04 | Comment(3) | 監督コラム

凄いインソールを見つけてきました!

先日参加したセミナーで、面白いものを紹介して頂きました。


それは靴の中敷、“インソール”です。
このインソールが凄く面白いんです^^


その上に立つだけで体の軸が働き出します! ・・・嘘みたいに(笑)


私はコアコンディショニング協会にも参加させて頂き、体軸や重心を整える
トレーニングを学んできました。でも、これって結構コツがいるんですよ。


難しいんです!


それなのに、このインソールに立つと軸が簡単に取れちゃいます!
嘘? 何したの?って感じで皆さん驚きます。
しかも、誰がやっても変わります。


人間の力って凄いんですね。
眠っている力ってあるんですね。


家の息子は、最近、走り方がおかしくなっていて、
全然速く走れない感じだったんです。
専門家ではない母親が見ても、なんかおかしいよ・・・あの子(怒)
人のこと診る前に自分の子をどうにかしてあげなよって言われていたんです。


そんなときにこのインソールに出会いました。


早速、オーダーメイドでインソールを作ってみて走らせています。


どうなったと思いますか??


今まで、ドンくさかった走り方が変わりました!・・・マジで驚きですね^^



嘘みたいでしょ?


でも、本人も早く走れるようになったと喜んでいます^^


今は、チームの子達全員に履かせたいなと思っています。


このインソールはオリンピック選手から転倒予防のご老人まで
実に幅広い方々に利用されています。


ホントに優れものなんです。

これで姿勢矯正をしていけば、どんな腰痛や肩こりも楽になると期待されています。

みんなでパフォーマンスアップしちゃおうか!?V^^
by Hedgehogs Jr. at 2012/03/07/ 21:56 | Comment(0) | 監督コラム

大晦日に思うこと

大晦日です。

皆さん1年間お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

本当はもっとブログも更新していくつもりだったのですが、
なんと今年は最初で最後の監督コラムになってしまいました(^^ゞ


今年は東日本大震災があり忘れられない1年になりましたが、
皆さんにとってどんな1年だったでしょうか?

ヘッジの子供たちにとっては大会デビューもあり、
大きな一歩を踏み出すことができた1年になりました。
なんと言ってもユニホーム姿がカッコいいよね!(笑)

私自身もミニの公式戦は初体験だったので、
ミニ独特の習慣にとても困惑させられながらの大会指揮になりました。

ほぼ対外試合をしたことが無い状態での夏季大会デビュー♪
自分たちの得点は、5点、9点、15点…予想はしていたけど、力不足を実感しました。
そしてこんな子供達にプレスディフェンスを仕掛けてくる相手チームの心理を疑いました。
でも、子供たちは最後までチャレンジしてくれたので嬉しかったのを思い出します。

次はたった1か月後の秋季大会。
1ヶ月間で何かが変わるはずもなく、得点は10点、10点、18点の惨敗続き…。
それよりも何よりも、僕自身が大いに反省させられた大会になりました。
バスケットって本当に難しい、指導って本当に難しい、を実感させられました。

そして記憶に新しい小山市のOMF杯。
私は引率できませんでしたが、子供たちの頑張りを映像で見せてもらいました。
「…良いじゃん♪」これが感想^^でした。
選手達は順調に成長してきてくれていると思います。
今後が楽しみだな〜と本気で思います^^


でも、今年1年の経験を踏まえて改めて感じました。

「ミニで勝つ必要はないんじゃないか!?」

最初からチームの目的は試合に勝つことではない!と言ってきました。

僕の目標はあくまで選手の「成長」です!

試合の勝敗が成長の手段になることはあっても、

試合に勝つことが目的で指導を考えてはいません。


この子は将来、どんな選手になるだろう?

チームの事情で、プレーを制限しては選手の将来をつぶしてしまう。

そこまで考えて指導をしたいと思っています。

どんなに遠回りになっても、キチンと基本を教えたい。

試合に勝つための手段ではなく、将来のための礎を教えたい。

「ミニで勝つ必要はないんじゃないか!?」

来年1年間もこの言葉を自問自答しながら指導していきます。


週に4時間程度の限られた指導時間でどこまで出来るかわかりませんが、
来年は、ホップ・ステップ・ジャンプアップできるように
バスケットの面白さ、考え方、取り組み方を教えていきます。

僕って教え魔なんです。
自己満足かも知れないけど?(^^ゞ
自分にしか教えられない事をたっぷり提供していくつもりです。

こんなわがまま指導者ですがご父兄の皆様来年もよろしくお願い致します。


良いお年を♪

by Hedgehogs Jr. at 2011/12/31/ 16:40 | Comment(0) | 監督コラム

“心”の成長

監督は12月の試合を目標にチーム作りを考えながら、練習中の子供達の様子を観察しています。
今年からは週4回の練習が出来る環境が整い、練習に参加できる回数の“差”がそのまま成長スピードの“差”となって現れつつある…。単純に「練習量の差」である。

しかし、これとは別に「気持ちの差」が“成長の差”を

作り出しているのではないか…と感じています。


選手達には「心技体」全ての面でたくましく育って欲しいので、あえて適度な壁を与えていこうと考えています。その1つが三点倒立です。最初から出来ていた子も居ましたが、最初は出来ない子がほとんどでした。でも、その壁を乗り越える為の努力をした子や、あきらめないでチャレンジし続けた子達は出来るようになっている。しかしそのチャレンジそのものを疑い、自分の限界以上のチャレンジをしようとしない子は成長が止まってしまいます。

勉強でもスポーツでも、結局最後は自分次第なんだと思います。コーチ達がどんなにフォローしてもアドバイスしても、それを自分の力に変える努力が出来るかどうか、最後の一歩を乗り越える力に変えられるかどうか、は本人次第!!
絶対に乗り越えるんだという強い覚悟がなかったら、どんな試練にも立ち向かえない。

出来るかどうかじゃなくて、やるかやらないか!

結局は覚悟の差だ。


でも、スポーツはそんな試練の連続です。選手たちよ、強くなれ!たくましくなれ!

心の成長なくして技術の成長はない!
by Hedgehogs Jr. at 2010/07/26/ 23:30 | Comment(0) | 監督コラム