〜ありがとう〜

6年生最後の大会バスケットボールが終わりましたend
引率や応援に参加してくださったご父兄の皆様、最後まで本当にありがとうございましたもうやだ〜(悲しい顔)


最後の笛がなった時に1点でも勝っていたチームが勝ち!

こんな単純なことが以外に難しいんですね!

宝木ともう一回やりたかったバッド(下向き矢印)

もっともっと教えてあげたかったけど、今の私にはここまでが精一杯でしたあせあせ(飛び散る汗)

昨日の試合で自分の未熟さを痛感させられました、、、監督ですふらふら


正直、初めて大会に参加する頃はもっと簡単に勝てるようになると思っていました。でも、県大会になると強いチームが沢山いて、自分の未熟さを痛感させられる事が多くありました。もっと私自身に力があれば、昨日の試合は確実に勝利を掴んでいたと思います。


みんな、、、ごめんなもうやだ〜(悲しい顔)

そして3年間本当にありがとうぴかぴか(新しい)

多分、1番監督が楽しませてもらっていたと思う。


ヘッジのみんなに出会えて黒ハートこの仲間とバスケが出来て本当に楽しかったよるんるん


これからは戦うステージが別々になってしまうけど、本当のスタートはこれからですよひらめき
もっともっと教えたいことは山ほどあるので、これからもおじさんはみんなに付きまとっていくよ!

これからもっとバスケを楽しんで欲しいから!

もっともっとみんなの成長する姿をみたいから!


楽しい3年間をありがとうプレゼント











by Hedgehogs Jr. at 2014/01/21/ 00:09 | Comment(2) | 監督コラム

燃え尽き症候群を作らない

ヘッジのみなさん、明けましておめでとうございます晴れ


本当に久し振りに、仕事からもバスケからも勉強からも開放されてのんびりとお正月を過ごしています眠い(睡眠)

今年は後厄と大殺界になるらしい監督ですふらふら


2013年はヘッジにとってチームの成長が凄く感じられた1年になりましたぴかぴか(新しい)
最初は本当にボコボコにされてばっかりだったけど、やっている選手も応援しているみんなも楽しいバスケットが出来るチームになってきましたねるんるん
長かったようで、短かった3年間・・・。

年明け早々に新チームになって2年間の集大成となる大会バスケットボールが予定されています!最後の大会でどんな結果になっても、バスケット人生はこれからが本番です!!!勝っても負けても“精一杯やりきった!”と思える試合を見せてくれる事を期待していますw


初代ヘッジの礎を共に作ってきてくれた6年生の描く成長曲線が、これから歩んでいく未来の礎になってくれていたら本当に嬉しいなと監督は思っています。


このお正月休み中に、たまたま見たバスケの動画に2m28pのNBA選手の高校時代の動画がありました。本当に大人と子供!間違いなく反則ですよね。

同じ人間なのに、どうしようもない、全く止められません!背が高いことは本当に恵まれた才能ですね!

ただ負け惜しみだと思いますが、正直つまらないと思ってしまいましたたらーっ(汗)

『小さい選手が大きい選手を、弱いチームが強いチームをやっつけるからバスケは楽しい。』
だからHedgehogs!これが僕の原動力、エネルギーの源です。

だから今のチームが最高だったとか、やりきったとか、全然満足していないのでこれからも叫びますよ!

下級生のご父兄のみなさん!大丈夫ですよ!監督は燃え尽きたりなんかしていませんよ!

むしろまだまだギラギラしていますわーい(嬉しい顔)

僕の情熱は、翔を育てることではありません!

これからもバスケを楽しむことるんるん
楽しいバスケを伝えることexclamation
強いチームをやっつけることパンチ
まだまだやりきっていないむかっ(怒り)
道半ばあせあせ(飛び散る汗)

僕自身も指導者として、試合の責任を取る監督としてまだまだ未熟だったなと反省する事も多々あります。僕の未熟さで負けてしまった試合があったのも事実です。もっともっと経験を積んで勉強して、指導者として監督としてこれからも成長し続けていきたいと思います。

新年早々1/4の練習試合から6年生と共に“新生ヘッジ”もスタートします。

去年より今年!今年よりも来年!

何年か後の方が監督は成長していると思います。

6年生のみんなごめんね!

監督はもっともっと楽しいバスケが出来るHedgehogsを作ちゃいますよ手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
中学生になってもヘッジの練習に遊びに来てねww



只今新しい事に気がついて翔を実験台にしていますひらめきその名もでんでん太鼓シュートバスケットボールいやーバスケ楽しいですねるんるん

これからも成長・脱皮・進化!

監督でしたend

by Hedgehogs Jr. at 2014/01/02/ 09:32 | Comment(0) | 監督コラム